★★ バロー ★★ 2019/3/19〜5日間のデータ
  気象データ   オーロラ観測データ 旅行記 バローって?

 アメリカ大陸最北端の街。住民は3000人程度で、エスキモー 最大の居住地である。  街は小さく徒歩で歩き回れる程度。 冬は地平線まで氷ついた北極海の前にある"Point Barrow"に 立つと、「地球」の神秘を感じる場所だ。  白夜シーズンは長く、5月から8月半ばまで続く。 逆に冬は日照時間が非常に短く、降水量も低いため、 オーロラ観測に以外と向いた場所だ。


日本からの直行便はなく、アンカレッジか、フェアバンクス からの国内便となる。 1日の便が2〜3本と少ないので、時間を確かめて 予定をたてたほうがいい。


 ホテルは1軒(Top of the World)なので、冬季でも予約したほうがいいだろう。 フェアバンクスやアンカレッジ発着のバローツアーがあるので、それを利用するのが 一番確実だ。  バローから見るオーロラは、南方に現れることが多く、街は非常に小さいので、 ホテルの前からも観測ができる。  寒さに強い人は、ホテルが送迎してくれる車に乗って、凍りついた北極海の上から 観測することをおススメする。言葉では言い表せないほどの神秘的な感動を覚えることは 必至だ。


 バローは、新田次郎氏著の「アラスカ物語」で舞台となった町であることから、 以外と日本人との関係は深い。まだ読まれていない人は、読んでから訪れることを お勧めしたい。  また、エスキモー最大の居住地であるが、ロシア人やアメリカ・ヨーロッパ人との 混血が以外と多いことに気がつくだろう。   家々は、エスキモー伝来の寒冷地対策の工夫がなされており、静かな町並みを 歩いて眺めるのもいいかもしれない(防寒対策に注意)



凍てついた北極海の夕日



ポイントバロー(PointBarrow)


北極海上空のオーロラ





北極海も冬はこの通り